今日、子供のための抗ウイルス薬は医師が何を使用していますか?

抗ウイルス剤について言及する場合、子供は、最も一般的な病気であるため、インフルエンザの治療手段を意味します。インフルエンザは毎年何百万人もの子供を病床に預けており、両親の心配は完全にはっきりしています。そして、それは親が子どもの世話をしないということではありません。残念なことに、疾患に対する免疫は、子供だけでなく成人においても毎年低下している。

同時に、ウイルスの数が増加し、彼らは突然変異し、薬に適応し、治療するのがより難しくなります。そのため、突然変異したウイルスと戦う新薬の探索が続けられています。

子供の体は成人の体よりも弱い彼はまだ免疫を確立していない。大人のための同じ薬は良い治癒効果を与えることができ、子供は助けることよりも害を及ぼす可能性がより高い。したがって、子供のための新しい抗ウイルス薬を開発するために、科学者によって多くの努力がなされている。
いくつかの主要な種類がありますウイルス。ヘルペスウイルス1,2および3型は、「バラシクロビル」、「アシクロビル」、「ファムシクロビル」を治療するためにしばしば提供される。サイトメガロウイルスは重度の感染症と考えられており、Valganciclovir、Ganciclovir、Foscarnet毒性薬物で治療されています。したがって、これらの病気は特に重篤な場合にのみ使用されます。

異なるタイプの肝炎もまた異なる治療を受ける手段。 D型肝炎がインターフェロンを使用するのに十分な場合。 C型肝炎の場合、「リバビリン」がインターフェロンに加えられる。 B型肝炎の治療には、テノフォビル、テルビブジン、エンテカビル、アデフォビル、ラミブジン、インターフェロンなどの子供用抗ウイルス薬が使用されています。

ウイルス感染には、抗レトロウイルス療法が処方されているHIVが含まれる。医師だけがそれを処方することができます。

しかし、依然として、ほとんどの両親は質問を気にしていますインフルエンザとARVIの治療。子どもたちはこれらの病気にかなり苦しんでおり、私は効果的かつ迅速に治療される治療法を(薬局の完全なカウンターで)探したいと思っています。

病気がひどい場合は、「ザナミビル」および「オセルタミビル」(ニューロミニダーゼの阻害剤)ならびに「リマンタジン」および「アマンタジン」(Mチャネルの遮断薬)が含まれる。ほとんどの場合、インフルエンザとの戦いで、子供たちには「タミフル」と「リレンザ」が与えられます。 7歳以上の子供は "リマンタジン"を与えることができますが、これはインフルエンザには効果がありますが、他のARVI効果ではそれほど効果はありません。

"Arbidol"医師は任命して喜んでいますが、この薬は臨床試験の完全なサイクルを通過していないので、それに注意する必要があります。

6歳から、子供たちはインフルエンザとARVIの両方に有効な「カゴツェル」を提供するが、発症から4日以内にできるだけ早く開始すべきである。

医者は人気のある薬です「Viferon」(「インターフェロンα」)、通常直腸坐剤の形態で産生される。この乳児用抗ウィルス剤は、非常に若い年齢から使用することができ、すべてのウィルス感染に効果的です。しかし、いくつかの医師は、 "Viferon"が温度を上昇させ、それが減少するのを防ぐと信じています。

また、幼い頃から、多くのSARSやインフルエンザにも効果的なインターフェロンガンマを使用することができます。

解熱薬が最も頻繁に使用されるようにアスピリン、ニメスリド、ヌロフェン、パラセタモール。しかし、これらの薬のすべてが安全であるとは限りません。 「ニメスリド」は良好で、すぐに温度を下げますが、肝臓に影響します。 「アスピリン」は、有名な医者コマロフスキーによって非常に形式的に表現されています。彼の意見では、 "イブプロフェン"と "パラセタモール"のみが子供のための抗ウィルスとして使用することができます。

多くの場合、化学物質なしで行うことができます代わりに、子供の体にあまり有害ではない、アナフェロン、アフラブイン、オチロコキチナスなどの子供のためのホメオパシー抗ウイルス薬を使用してください。

関連ニュース
広いスペクトルの抗ウイルス薬。
薬「コリザリア」:薬のレビュー
最大1年までの子供のための抗ウイルス座薬
子供のための薬「Viferon」(ろうそく)
インフルエンザ用フォルクス抗ウイルス剤
1年未満の子供のための最も効果的なドロップ
風邪のための抗ウイルス薬。
抗ウイルス薬
人気があり効果的な抗ウイルス薬
人気の投稿
フォローする:
美しさ
アップ