子供用錠剤の「Nurofen」:使用法、類似物質、レビュー

子供のために最も一般的に処方された薬解熱剤である。これらのほとんどは非ステロイド性抗炎症薬である。これらの資金は温度を下げるだけでなく、それらは、抗炎症および鎮痛効果を有する。今日の記事では、あなたに薬 "Nurofen"が表示されます。さまざまな年齢の子供のための投薬量と投薬方法があなたのために説明されます。

子供のための錠剤のヌルフェン

薬物「ヌロフェン」の品種

薬の製造元は「レシートザー。「会社は英国である。したがって、すべてのパケットは、薬物の外国人の名前を持っています。薬局チェーン、あなたは薬のいくつかの種類を見つけることができます。彼らはすべてのリリースの異なる形態である。だから、薬何である」Nurofenは「?

  • 6歳以上の子供のための錠剤で。
  • 坐剤の形で、3ヶ月から2年までの使用が意図される。
  • 出産から6歳までの子供のためのシロップまたはサスペンション(より多くのことができます)。
  • 錠剤「ニューフェーンエクスプレスネオ」(12歳から許可)。
  • 女性のための "Nurofen" "エクスプレスレディ"。
  • 液体組成の「Nurofen Ultracap」カプセル(12年間使用可能)。
  • "Nurofen Forte"を2回投与する。
  • 片頭痛「多症候群」の治療用錠剤。
  • 5%の濃度の外部使用のためのゲルの形態のNurofen。

NurofenはNurofenの薬について何を言いますか?アプリケーション?子供の場合、上記のすべての薬を使用することはできません。それはすべて、子供の年齢と症状によって異なります。子どもたちに「ヌロフェン」(タブレット)の薬がどのように使われているかを詳しく考えてみましょう。

子供のための薬の説明

Nurofenの構成は何ですか?錠剤は200mgの有効成分(イブプロフェン)を含有する。また、調製には、セルロースナトリウム、クロカルメロース、ラウリル硫酸ナトリウム、クエン酸ナトリウム、ステアリン酸、二酸化ケイ素コロイド、タルク、二酸化チタン、銅、スクロース、黒インクなどの追加成分がある。

「ヌロフェン」は1パック8冊の小児用錠剤で製造されています。そのような施設の平均費用は150ルーブルを超えていません。各錠剤は、その使用の便宜のためにコーティングでコーティングされている。

nurofenのユーザーガイド

NSAIDsの処方の適応症

ニロフェン使用のための指示?子供のために、この薬は医師のアドバイスとそれなしで使用されます。投薬はしばしば薬局の両親から利用可能です。結局のところ、子供の幸福はいつでも悪化する可能性があります。以下は、薬物使用の実際の適応症です:

  • 異なる性質および原因の温度の上昇;
  • 疼痛症候群(歯科、頭部、筋肉痛);
  • 片頭痛および神経痛;
  • 耳炎および扁桃炎ならびにENT臓器の他の疾患が含まれる。

この薬剤は、しばしば症候治療として他の薬剤と組み合わせて使用​​される。この薬剤は炎症性疾患に処方されている。

錠の使用のためのNurofenの指示200 mg

子供の薬に関する重要な情報:使用の禁忌

あなたがすでに知っているように、薬が推奨されています6歳からの子供向けの「ヌロフェン」(タブレット版)。若い年齢の子供は、代理人が任命され、または中断の形で指名されます。 3歳未満の子供は、ろうそくが好まれ、より便利です。しかし、この薬を拒否する理由は年齢だけではありません。 Nurofenには他にどんな禁忌がありますか?

錠剤(200mg)の使用説明書活性成分または追加成分に高い感受性がある場合には摂取を禁止する。もし子供がアセチルサリチル酸に対する耐性を持っていれば、その薬を使用しない価値もある。心不全、高血圧、視神経の病気の子供のための治療法を使用することは禁じられています。子供の丸薬は、循環器系のある種の病気、聴覚障害、前庭器の顕著な病変には処方されていません。胃腸管の潰瘍性病変またはこの領域での進行性出血がある場合、この薬剤を服用することは厳禁です。

追加の制限情報

使用上のその他の制限事項について説明しています薬 "Nurofen"の使用説明書。錠剤200mgは、次の状況で医師と事前に相談した後で、非常に注意深く撮影する必要があります。

  • 腎障害および肝障害;
  • 虚血性疾患および真性糖尿病;
  • 子供がアレルギーを患っている場合、その矯正は経口コルチコステロイドによって行われる;
  • 異なる性質および重症度の胃および腸の疾患。

注釈はまた、成人の監督の下で、12歳未満の子供に薬を与えることが必要であると述べている。

子供のためのNurofen投与量

Nurofen:幼児のための投与量

子供のために1つの丸薬が示されています。 薬物の多重度は1日4回を超えてはならない。薬物の使用間隔は6時間以上です。 12歳未満の子供の最大一日量は、有効成分(イブプロフェン)1200mgです。

鎮痛療法の期間は5日を超える必要があります。もしその薬が発熱をなくすために使われれば、3日以上連続して服用することはできません。指定した期間が経過しても症状が持続する場合は、治療を中止し、治療の是正のために医師に連絡する必要があります。

何からNurofenの錠剤

この薬はどのように働くのですか?

あなたはすでにタブレット「Nurofen」についてたくさん知っています: 受け取ったとき、そして禁止されているときに助けてくれます。多くの親が薬物の原則に興味を持っています。結局のところ、彼らは子供たちに薬を与えなければなりません。どのくらい、そしてどれくらいタブレットが機能しますか?

「Nurofen」は、抗炎症性鎮痛効果および解熱効果を発揮する非ステロイド系薬剤。内部をとった後、錠剤はすばやく溶解し、胃腸管から吸収される。この薬物はプロスタグランジンの合成を阻害し、炎症をブロックする。これは受容体感受性を低下させる。 1時間以内に解熱作用も起こる。薬の効果は十分に長いです。指示は、投薬が4〜8時間で実行されると言います。通常、6時間以上後に薬物の反復投与が必要とされる。場合によっては、単回投与で十分です。

副作用

どのヘルプからタブレット「ヌーフェン」 - あなたはすでにそれは知られています。この薬は、効果的な鎮痛効果および解熱効果を有する。さらに、組成物は炎症を除去し、患者の全身状態を改善する。しかし、この薬は副作用を引き起こす可能性があります。そのため、それを使用する前に、慎重に指導を勉強し、すべてのポイントに従う必要があります。注釈には、以下の副作用がリストされています。

  • 消化器系の障害(吐き気、鼓腸、嘔吐、下痢、腹痛)。
  • アレルギー反応(浮腫、蕁麻疹、掻痒、発疹、気管支咳の強化);
  • 頭の痛み、めまい、ぼやけた視界;
  • 腎臓機能の侵害および造血の機能不全が含まれる。

これらの症状のいずれかが現れたら、あなたは医師に相談してください。簡単な合併症の経過とともに、措置や医療処置は必要ありません。治療をキャンセルするだけで十分です。重篤な有害反応が起きた場合、患者は胃で洗浄され、所定の吸収剤および浄化剤が投与される。時には入院が必要な場合もあります。

子どものためのヌロフェン錠剤で4年間

12歳以上の子供には、他の形態の「ヌーフェン」を与えることができます。

この年齢に達した後、薬は別の形で与える。 12歳以降の子供には、成人向けの薬物の使用が示されています。薬の投与量も増えるだろう。準備「Nurofen Express」(カプセル)、錠剤「Nurofen」は200mgを1日に4回服用します。 「Multisymptom」という薬は1日3回まで1錠にすることをお勧めします。

Nurofen Forte錠剤には二重線量が含まれています有効成分。それらは400mgのイブプロフェンを含有する。この薬は、12歳の1錠1錠を1日4回以上、子供に処方されています。通常、この薬剤は、他の薬剤の形態が有効でない場合に使用されます。

"Nurofen"(丸薬):薬についての両親のコメント

子供の親は、記事は最も人気のある薬の一つです。この薬剤は、細菌性疾患およびウイルス性疾患の治療のために小児科で長く使用されており、体温および痛みの増加を伴う。子供たちが薬「ヌロフェン」を使うのはとても便利です。結局のところ、それは6-8時間続く。あなたは寝る前に薬を子供に与えることができ、安心することができます。結局のところ、朝まで気温が上がることを心配する必要はありません。

多くの母親と父親が「Nurofen」という薬を使用しています。子供(4年)のために。錠剤では、与えられた年齢のための投薬は処方されていません。しかし、子供の体重が20キログラムを超えており、予備的な細断をせずに薬物を飲むことができれば、このフォームを使用することは完全に許可されています。この情報は、ユーザーに使用方法を間接的に通知します。

代用物:構造類似物質および同じ作用を有する他の薬物

この薬には多くの代用品がありますNurofen(錠剤)。類似体は同一の活性物質を有する。イブプロフェンの内容に注意してください。結局のところ、それは異なる可能性があります。したがって、投与量は異なるであろう。最も人気のあるアナログの中には、Advil、Ibuprofen、Brufen、Burana、Mig、Dolgitなどがあります。

薬を他の多くの薬と置き換えることもできます解熱作用のある鎮痛薬:アスピリン、シトラモン、パラセタモール、パナドール、アナルギンなど。薬物の全ての類似体は、すべての個々の特徴を考慮した上で、医師が選択するべきである。アセチルサリチル酸を基にした薬は、16歳後にのみ子供に与えられることに注意してください。若い患者の治療には適していません。

ニューロペンタブレットアナログ

医療勧告

医師は肯定的なレビューのみを話す薬 "ヌロフェン"。小児科医は、長い間、この薬は最も人気があり、手頃な価格で効果的であると言います。この薬はほとんど決して悪影響を及ぼさない。最も一般的な副作用はアレルギーです。

医師は、その治療法はしばしば独立して取られる。子供が突然発熱や頭痛を訴える場合、これは十分に確立されています。しかし、症状が繰り返し出現すると、医者に連絡してください。結局のところ、この薬は本質的に症候性である。彼は病気の症状を取り除きますが、原因を取り除いていません。子供に何が起こったのかは、経験豊富な医師だけが判断できます。検査の後、医者は薬「Nurofen」と組み合わせることができる投薬を処方するでしょう。

命令は、錠剤がアスピリンやその他の非ステロイド性抗炎症薬と同時に使用することをお勧めします。投薬はいくつかの抗生物質と組み合わせられていません。利尿剤組成物および吸収剤は、解熱薬および鎮痛薬の有効性を低下させる。小児科医は、薬の投与量を増やしたり、子供に丸薬を与えることはお勧めしません。このタイプの投薬は、(予備的な細断処理を行わずに)全身投与を提供する。小児は常に丸薬を飲み込むことはできません。

結論として

効果的な剤「ヌーフェン」を使用多くの病気。それは普遍的な、それは病気の主な症状を削除することができます。この薬物は、異なる形態で利用可能である。これにより、ユーザは最も便利な薬剤を選択することができる。しかし、これは薬が無意識に、意志で使用されるべきであるとは言いません。特に子供の場合は。腹部に急性の痛みを伴う小児に丸薬を与えてはならないことを覚えておいてください。結局、治療は症状を取り除くことができ、その結果医師は間違った診断を下すことになります。緊急の場合(熱を減らすため)に限り、自分で薬を使用してください。他の状況では、事前に小児科医に相談してください。あなたの赤ちゃんに良い健康!

関連ニュース
「ヌロフェンシロップ」
薬物 "Intextopan":の指示
"Nikoshpan":使用説明書、
非ステロイド性抗炎症薬。
麻薬 "Nurofen":構成と推奨事項
Tusuprex:使用説明、価格
エージェント "Betamethasone"。指示
"Immunokind":使用説明書、
応急処置キット。 Nurofenの薬
人気の投稿
フォローする:
美しさ
アップ