アルコール中毒のリハビリ:プログラム、センター

アルコール依存症は何ですか?病気か放浪か? 誰もが違うと思う。両方が正しいことが判明しました。アルコール中毒が病的な病的変化として起こると、間違った生活様式も起こります。アルコール依存者は社会的な交流ができないため、プロとシンプルな毎日のスキルが失われます。これらの問題に対処する助けはリハビリセンターにある可能性があります。

アルコール依存症の社会的リハビリの起源

異なる地域のXX世紀の90年代ロシアは最初のリハビリセンターを開設し始めた。この時期、若者の間では、麻薬やアルコール飲料の使用が増えました。センターは中毒の人やその親戚によって開かれました。

アルコール依存症のリハビリ
彼らは自分たちで対処しようとした問題、グループへの合併。困っている人々を助けるために、福音教会がロシアに来ました。彼らは自発的な寄付を行い、センターの従業員に非営利セクターの立法枠組みの原則を教えました。設立されたリハビリセンターは、さまざまな公共機関との連絡を確立し、慈善基金を探し求め、生産的に開発されました。

中心の選択

専門家は、アルコール依存症の患者永住権を十分に離れた場所で援助が提供されると、すぐに復旧されます。センターを選ぶときは、次の点に注意する必要があります。

  1. 医師と介助者の資格。彼らのビジネスをよく知っている専門家に従事しているとき、患者の回復はより迅速に行われます。
  2. 滞在の快適さ。よく整理された生活様式、快適な生活環境は、健康と人格を回復させる主な活動から患者をそらすことはありません。
  3. 治療は無料または有料です。 アルコール依存症に苦しんでいる人には、彼らが提供するリハビリサービスのために十分なお金がありません。リハビリセンターでは、教会で組織されたアルコール依存症患者を無料で救うことができます。

リハビリコース

アルコール依存症を治療するためには、患者を通常の生活に戻すためには、対策の複雑さが必要です。

アルコール依存症や薬物中毒者のリハビリ
リハビリコースは3つの主要分野で構成されています。

  • 健康の回復。 アルコール中毒が人体全体の仕事に違反すると、特定の器官の病気があります。リハビリメディカルセンター、薬物治療ユニット、診療所でのみ、健康状態を改善し、再発を防ぐためのコードを渡すことができます。
  • 心理的な助け。 心理学者は、患者がアルコールを使わずに新しい人生を始めるのを助けます。新しい目標を設定し、頭の痛い頭の問題を解決し、あらゆる種類の才能を発見し、喜びを得るための新しい情報源を見つける。
  • 社会適応。 アルコール中毒者のためのリハビリコースを受けた人は、就職や勉強に役立つ必要があります。彼はコミュニケーションの輪を変え、他の人と仲良くなり、評判を復活させる必要があります。家族や親しい人々の支援と支援は重要な役割を果たします。

リハビリセンターは何をしますか

アルコール依存症の患者を完全に治すアルコールを飲むことを絶対に拒絶することを意味します。アルコールを使わずに問題や葛藤の状況を克服するために人を教えることが必要です。リハビリテーションセンターの医師は、病因の原因を取り除くためにエストロトロピック治療を行うだけです。原因を取り除くだけで、あなたはアルコール依存症を正常な生活に戻すことができます。これらの問題は、アルコール依存症治療センターと対処されています。

最も有名なリハビリプログラム

アルコール中毒を治療するための多くの方法とプログラムがありますが、最も有名なものは次のとおりです。

  • 12ステップのプログラムが最も効果的だと考えられています多くのリハビリセンターで使用されています。トレーニング中に、患者は状態の問題を理解し、人生と行動の価値を過大評価し、依存の原因を見つけ出し、徐々に排除する方法、分析能力、精神的および個人的な成長を改善する方法、および他人のリハビリの方法を訓練する。
  • シチコの方法によるアルコールリハビリテーションプログラム問題を理解し、それを取り除き、再発を防ぐのに役立ち、人生から満足を得ることを目的とした一連の行動が含まれています。このプログラムには専門家や高価な薬は含まれていません。それは患者によって独立して行われるため、成功するためには、人の強い意志が必要です。
  • グループ心理療法。アルコールの人々に依存する人々は10から25人のグループでグループ化され、セッションの期間は約1時間半です。
    アルコール依存症のリハビリ
    組織されたスキルの訓練、心理療法士や専門心理学者の指導の下、会議に出席する。同好心の人たちは、人生の状況を伝え、お互いに接触し、仲間を支持したり非難したりする。クラスは、他人の目を通して自分自身を見て、質問に対する答えを学び、病気の存在を否定し、それを取り除く方法を見つけ出す機会を提供します。
  • 家族精神療法が最も若いアルコール依存症のリハビリに使われる技術。それは1960年代に、そして1990年代半ばにロシアで使用され始めました。アルコール依存症の家族は常に何とかそれに影響を与えます。通常、それらの関係は理想とはかけ離れているため、心理学者は患者の近親者とセッションを行います。彼らの目標は、アルコール中毒患者を誘発したり、お互いに温かく親切な関係を導入したりせずに、家族でコミュニケーションをとるように教えることです。家族心理療法は家族全員にプラスの効果をもたらします。
  • 修道院でのアルコール依存症のリハビリ。 正教会のプログラムの焦点は、魂と体を改善することです。誰もが教会生活に参加する:礼拝に出席し、クリスチャンの生活様式に関する司祭の講義に耳を傾け、肉体労働に従事し、健康増進のためにジムに出席する。正教会の中心は閉鎖されたシステムです。通常、リハビリテーションのために、人々は長期間そこに移動します。環境やコントロールの変化は、新しい習慣の獲得にプラスの効果をもたらす。コースを修了した後、患者は道徳的にある時間支えられます。アルコール依存症の正統的なリハビリは完全無料です。
  • 鍼治療は体をリラックスさせて治すアルコール性:血流を増加させ、代謝プロセスを改善し、頭痛を和らげる。この手順は、いかなる患者にとっても禁忌ではない。資格のある専門家が良い結果を出します。

リハビリとは何ですか?

アルコール中毒者や麻薬中毒者のリハビリ常識の人への漸進的な復帰であり、アルコールや薬物なしで暮らしたいという願いです。これはかなり長いプロセスです。薬物やアルコール依存症は、時間通りに開始されないと、不可逆的なプロセスを引き起こします。アルコール中毒や薬物中毒の患者のどれも、彼ら自身に依存しているとは考えておらず、いつでも化学物質の使用を止めることができると考えています。

リハビリのしくみ

問題の否定は、人を理解することを許さない状況の全体の重大さと救いを見つける。麻薬学の看護師と略される麻薬学におけるアルコール依存症のリハビリは、アルコールや薬物の身体的必要性を止め、化学の体を浄化する機会です。離脱、身体的健康は改善していますが、これは人生への復帰の始まりに過ぎません。

アルコール依存症の社会リハビリの開始
次のステップは、理由を特定することです病気を治す、発達を分析する、薬物やアルコールを飲むことをやめ、コミュニケーションの古い循環路から離れていく。ダイエットと休息、仕事日の順序を観察することが重要です。リハビリ期間中に、心理学者が患者に個別にアプローチすることも必要です。すべての患者は自分自身で作業し、医師、薬剤師、心理療法士、心理学者、コンサルタントは必要な支援を提供する義務があります。同時に家族の中で健康的な雰囲気を作り出すためには、親戚と一緒に仕事をする必要があります。その後の適応は、受け取った知識を重要な状況に適用し、元の人生に戻らないように教える。

錯覚を避ける

"否定を破る"はメインステージですアルコール中毒者や薬物中毒者のリハビリ。この問題を解決することなく、さらなる治療は不可能である。専門家は、記載された措置の複雑さが、患者が「ピンクの眼鏡をダンプする」ことに役立つと信じている。

  • タスクの実行と分析。
  • 講義に参加する。
  • トレーニングへの参加;
  • グループ・セッションとコンサルタントによる個別指導;
  • 元扶養家族の演説。
  • 様々な心理的方法;
  • 文化的、教育的活動を行っています。

アルコール中毒の救済麻薬リハビリ
この段階で、患者は実際にアルコールや薬物に依存していることを認めなければならない。

インポテンツの認識

自分自身の理解のプロセスインポテンス。患者は外部の助けなしには、彼は依存に対処することができないことを学ぶ必要があります。それから、アルコール依存症や薬物中毒の原因を理解する必要があります。病気がなぜ発症したのかを理解する。各患者は、実際に受け取った知識をどのように適用するかを見ている心理学者によって個別に観察されるべきである。

成熟の形成

アルコール依存症のリハビリの最終段階生き生きとした生活の回復と回復のための新しい姿勢を形成しました。心理学者とコンサルタントと共にセンターの卒業生は、一連の行動のすべてが明確に記された個別の計画を書いています。回復の究極の目標は、人々の生活様式の完全な変化です。

強制治療

アルコール依存症は重大な障害です慢性の患者はしばしば死ぬ。最も難しいことは、人々が問題を抱えていることを否定することです。他者はアルコールへの付着を認識しており、戦いを試みるが、対処できない。彼らは仕事、家族、健康を失う。患者はしばしば不十分になり、その後、彼の親戚は強制治療の中心に置かれます。

アルコール依存症の義務的なリハビリ
アルコール依存症の強制的なリハビリは、以下の場合にのみ可能です:

  1. 白熱。
  2. 患者は違法な行為をした。
  3. 患者は不十分であり、彼の人生を脅かす状態にある。

他の場合には、強制的に入院するどんな場合でもアルコール中毒。リハビリを成功させるためには、患者が新しい人生を始めることを望んでいることが重要です。身体の解毒だけがアルコール依存者、医師 - 心理療法士の長期的な仕事、近くの人々の支援を必要とするものではありません。それ以外の場合、彼は彼の中毒に戻ります。

アルコール中毒のリハビリ:レビュー

センターの1つで回復コースを完了した後、患者は以下のコメントを残す:

  • センターでは、アルコール依存症の問題がなぜ発生したか、アルコールの欲求に対処する方法、社会の中で問題に生きる方法についての知識が得られました。
  • 治療中に、生活状況に関する多くの見解が変わります。
  • リハビリ期間中、患者は心理学者とコンサルタントによって観察されます。必要に応じて、彼らは支援を提供し、質問に答え、経験を共有します。
  • 患者は互いに助け合って回復する。講義と訓練は中央で行われます。
  • リハビリ後、人生は変わり、落ち着き、責任、アルコールの無用さの理解。私は冷静な頭で生きたいと思っていました。

アルコールリハビリセンター
リハビリを受けた子どもの親、センターでは、回復、人生の変化、救い、子供、人々、そして自分自身への信仰に希望を与えます。子供たちの回復のための従業員、教育で受けた助け、子供のための良い言葉と信仰、そしてそのような状況での支援のおかげで、すべてのレビューには、提供されたヘルプに対する感謝の言葉が含まれています。

関連ニュース
術後リハビリとは何ですか?
再発脳卒中の予防
踵骨の骨折:症状、
どのようにリハビリを
麻薬中毒者の複雑なリハビリ。
脳卒中後のリハビリ、あなたが知る必要がある
認識のための一般的なプログラムのレビュー
自宅での脳卒中後のリハビリ
ヤルタのショッピングセンター。説明
人気の投稿
フォローする:
美しさ
アップ