気管支炎の子供のための抗生物質:どのものを選択するのですか?

気管支炎は最も一般的で子供の重度の呼吸器疾患。しばしば、医師は治療のために抗生物質を処方する。しかし、これはいつも正当化されるわけではありません。ほとんどの場合、気管支炎はウイルス感染またはアレルギー反応によって引き起こされる。細菌や他の微生物と戦うためには抗生物質が必要です。そのような薬物の不当な処方は、合併症を引き起こし、子供の健康を害する可能性があります。したがって、気管支炎の小児に対しては、必要な検査を行い、その原因を特定した後にのみ、抗生物質を使用すべきである。

10歳の子供のための気管支炎のための抗生物質

抗菌薬を処方する必要があるとき

気管支炎の子供のための抗生物質が任命される細菌感染の存在下で行う。そのようなウイルスの調製物は、免疫を低下させるので、機能しないし、子供の状態を悪化させるだけである。病気の原因を調べるためには、必ずしも喀痰を分析する必要がありません。したがって、子供の体内に細菌が存在することを示す他の兆候があります:

  • 3日以上は温度を38度に保ちます。
  • 呼吸困難でさえ、子供はほとんど呼吸ができません。
  • 膿の不純物を含む粘性の緑がかった痰を残す。
  • 中毒の徴候があります。
  • 子供が1歳未満の場合。
    小児気管支炎用抗生物質1年間

あなたは4歳以下の子供のための気管支炎のために抗生物質を与えるべきではありません。医師だけがそのような投薬が子供に必要かどうかを決定することができます。

抗生物質を適用する方法

そのような薬物の使用の主なルールは、厳格な医学監督の下で行われるべきである。専門医だけが適切な薬を選択し、投与量と投与期間を決定することができます。そして両親はそのすべての規則に従わなければなりません。ほとんどの場合、7歳以上の子供のための気管支炎に対する抗生物質は、錠剤またはカプセルの形で与えられる。しかし、現在、そのような薬物が、サスペンションやシロップの形であり、小児にとってより便利です。

気管支炎の小児に抗生物質を正しく適用するには?

  • 通常、そのような薬物は5日間処方される最高7日間。気管支炎が合併症や慢性的な形で起こる場合、受付時間は2週間に延長することができます。改善があったとしても、この時間よりも早く薬を飲むことをやめることはできません。細菌は抗生物質に対する耐性を発生させることができる。
  • そのような薬物の使用の特徴の1つ - 受付スケジュール。それらを飲むことは規則的な間隔で厳密に - 8,12または24時間でなければなりません。これは、血液中の抗菌物質のレベルを一定に保つ唯一の方法です。
  • 子供のための抗生物質を処方するとき、正確な投与量を決定することは非常に重要です。それは子供の年齢と体重に依存します。
  • 食事の前に、またはあなたが薬を飲む必要があることを知るための指導を勉強する必要があります。
    7歳の子供のための気管支炎のための抗生物質

気管支炎の子供にはどのような抗生物質が処方されていますか?

規則により、治療のために抗生物質を選択する気管支炎は、病原体を決定した後にのみ行うことができます。しかし、ほとんどの場合、幅広い活動の準備が規定されています。医師の経験によれば、気管支炎の最も敏感な病原体は、3種類の抗生物質:

  • ペニシリン - 「アモキシシリン」、「アモキシラブ」、「フレモキシン溶質」;
  • セファロスポリン - 「セフトリアキソン」、「セフォタキシム」、「ジナット」;
  • マクロライド - 「Macropen」、「Sumamed」、「Hemomycin」。

薬物の選択は、子供の年齢、彼の健康の状態、および病気の経過の特徴に依存する。

3歳の子供のための気管支炎のための抗生物質

3歳以下の子供のための気管支炎のための抗生物質の使用法

この時、気管支の炎症は非常に危険です子供の解剖学および生理学の特徴のために。多くの場合、気管支炎の合併症が乳児で起こる。小気管支は痰で詰まっており、非常に硬くなり、肺炎の発症を引き起こす可能性があります。したがって、多くの場合、この病気の治療は病院で行われます。

抗菌性が必要な場合この時、多くの人は禁忌です。さらに、1歳以下の子供のための気管支炎のための抗生物質が注射剤として最も一般的に使用されている。このようにして、薬はより速く作用する。これらの薬物はしばしば深刻な副作用を引き起こすので、小児における抗生物質の治療における医師の観察が必要である。下痢や嘔吐以外の幼児では、痙攣や失神、血液の変化などがあります。

気管支炎の子供のための抗生物質

ペニシリン群の抗生物質

これらの抗菌薬は、ほとんどの気管支炎病原体。しかし、彼らは多くの副作用があり、最も頻繁にアレルギー反応やdysbiosisを引き起こします。したがって、それらはビタミンCおよびB、ならびにプロバイオティクスと一緒に腸内微生物叢を保存する必要があります。ペニシリンがブドウ球菌、連鎖球菌および肺炎球菌に対して活性であることを考慮する必要があるが、それらはクラミジアおよびマイコプラズマに対して効果がなく、これもまた気管支炎の原因となり得る。

この群のうち、これらの抗生物質はしばしば処方される10年以下の子供のための気管支炎:「アモキシシリン」、「フレモキシン・ソルタブ」、「スルバクタム」、「オスパモックス」。抗菌作用は、アムモキシシリンとクラブラン酸とを含有する薬物(Amoxiclav、Augmentin)によって特徴付けられる。

4歳の子供のための気管支炎のための抗生物質

セファロスポリン

効果的な細菌も抗生物質によって殺されるセファロスポリンのグループ: "Zinnat"、 "Cefadox"、 "Loprax"、 "Supraks"。主に患者がペニシリン耐性でない場合、それらはあまり頻繁に使用されない。それらは複雑な気管支炎の複雑な治療にも使用されています。ほとんどの場合、子供にいくつかの薬を処方します。

  • 「Zinnat」は、懸濁液の調製のための顆粒の形態で入手可能である。 3ヶ月からの子供に適用されます。
  • "Supraks" - 第3世代のセファロスポリン。この薬は、最大6ヶ月の乳児のために禁止されています。子供には、1日2〜3回サスペンションを与えるべきです。
  • 「セフトリアキソン」 - 3-4日で炎症に対処するのに役立つ非常に効果的な薬です。しかし、この抗生物質は注射用溶液で製造されています。

マクロライド

このグループの薬は最後に任命されますペニシリンおよびセファロスポリンは、腸内微生物叢および他の副作用の障害を引き起こすので、時間が最も多い。マクロライドは腎臓や腸に毒性作用を及ぼさない。さらに、それらは多数の微生物に対して活性であり、細胞の深部まで浸透する。したがって、より効果的であると考えられます。 5歳以上の小児のための気管支炎のための最も一般的に処方された抗生物質:

  • "Rulid";
  • "マクロペン";
  • "アジスロマイシン"とその輸入アナログ "Sumamed";
  • 「ヘモマイシン」。
    5歳の子供のための気管支炎のための抗生物質

選択する抗生物質

最も安全で効果的であると考えられているアモキシシリンを含む製剤。しかし、これらの薬物の作用に変異し、感受性にならない細菌が存在する。したがって、クラブラナートまたはスルバクタムを含むこのような薬剤を選択する必要があります。パッケージには、 "Amoxicillin + clavulanate"と書くべきです。この点で最も効果的なものは現代薬です。

  • 「アモキシラフ」は、適用されるサスペンションです3ヶ月の子供のために。あなたは子供の体重に応じて1日2回与える必要があります。この薬は、気管支炎の病原体に対して優れた効果を発揮します。
  • アモキシシリンをベースにした薬物「フレモキシン(Flemoxin Solutab)」は、1ヶ月間から小児に示されています。炎症を効果的に除去する。
  • 「Augmentin」はしばしば気管支炎に処方されます。アモキシシリンとクラブラン酸との組み合わせは、細菌を効果的に破壊する。子供たちは、中断の形で薬を処方されている。

抗生物質治療の特徴

親が知っているべき主なことは、医師に処方せずに子供に抗生物質を与えることができないということです。さらに、この治療では、いくつかのルールに従わなければなりません:

  • 改善の3日後に発生しない場合、または子供が悪化する場合、薬をキャンセルする必要がありますが、医師はそれを行う必要があります。
  • 医師が処方した投薬量を観察し、投薬を服用する時間を逃さないことは非常に重要である。
  • 抗生物質は腸内微生物叢を破壊するので、同時にそれらのプロバイオティクスが任命される: "Lineks"、 "Normobakt"、 "Bifiform";
  • このような治療は、常に子供の薬物の服用を中止すると小児科医に知らせるために、副作用の出現との反応を監視することが重要であるとき。

子供のための抗生物質は専門家によって処方される重度の細菌感染を伴う。自分の薬を選ぶことはできません。これらの薬物は非常に重篤な薬物であり、しばしば副作用を引き起こす。

関連ニュース
私は赤ちゃんのために抗生物質が必要ですか?
どのような抗生物質が中耳炎に使用されていますか?
気管支炎を伴う呼吸訓練
子供のための貴重な抗生物質
天然抗生物質とその利点
子供の気管支炎の治療はすべきである
広域抗生物質
副鼻腔炎のための抗生物質
気管支炎が発症している場合は、抗生物質が必要です。
人気の投稿
フォローする:
美しさ
アップ