男性におけるトリコモナス症の治療

トリコモナス症は、性行為によって主に伝播される性感染症の数に属する。彼の病原体、トリコモナス (Trichomonas vaginalis)性器の粘膜に落ちて、細胞間スペースは、炎症の発症を引き起こす。もちろん、しばしば女性にトリコモナス症が起こるが、男性も感染する傾向がある。尿生殖路を通じた病原体のさらなる進展は、尿道炎、前立腺炎および骨盤内器官の他の炎症の発症につながる。トリコモナス症の感染は、保護されていない性交の時に起こる。人間の体外ではトリコモナスは最大24時間生存することができるため、家庭の汚染はほとんどありません。

男性のトリコモナス症の徴候と症状

非常に頻繁に病気は長い間です時間は決してそれ自体を示すものではありません。このような場合、男性におけるトリコモナス症の治療は遅れて始まり、HIV感染と同様に随伴性疾患(淋病、クラミジア、ウイルス性疾患)のリスクはかなり高い。原則として、トリコモナス症の症状は感染後4〜28日目に現れ始めますが、平均して7〜10日間続きます。

男性におけるトリコモナス症の特徴尿道からの灰色 - 緑色の分泌物の出現であり、排尿中は燃焼およびかゆみが起こることがある。通常、感染後最初の日には、排出量は豊富ですが、適切な治療が行われていなければ、自然に消失する可能性があります。この症例では多くが間違って病気が後退していると誤解しているが、しばらくしてトリコモナス症の合併症の症状 - 前立腺炎と副睾丸炎がある。

したがって、軽度の症状の存在にもかかわらず、男性におけるトリコモナス症の診断およびその後の治療は、最大限に行わなければならない。

トリコモナス症の治療

男性におけるトリコモナス症の治療慢性形態または新鮮な疾患の「性質」に応じて、医師によって個別に開発されたスキームに従って実施される。新鮮な病気がある場合、すなわち、最初の症状の発症時から2ヶ月を超えていない場合、抗原虫剤による治療が行われる。慢性トリコモナス症の治療は免疫刺激で始まり、その後抗原虫薬が処方される。

トリコモナス症との闘いにおける優れた治療効果前立腺のマッサージやマッサージなどの理学療法の実施を可能にします。そして、合併症の存在下で、特定の薬物および理学療法を使用する男性におけるトリコモナス症の複雑な治療が行われる。

また、伝統的な薬。さまざまな病気との戦いにおける人々のレシピの奇跡的な性質は、人類によって長い間認識されてきたので、伝統的な医学が助けられない絶望的な状況においてもそれらを使用します。 Trichomonasを排除した症例は絶望的ではありませんが、トリコモナス症の治療法は民間療法と同様であり、患者の状態が大幅に改善されます。

治療コースの終わりに、1週間後男性はコントロールの診断が推奨されています - 尿、精子の中にトリコモナスが存在するかどうかを繰り返し検査することで、監査人の完全な排除を確実にすることができます。完全な回復については、治療の経過後2ヶ月間にわたって実施されたいくつかの対照診断の後にのみ言える。

再感染を避けるために、トリコモナス症(trichomoniasis)からの治療的治療コースおよびその後の対照診断は、両方の性交パートナーによって同時に行われるべきである。

関連ニュース
男性における尿路プラセボ治療:有用
男性のトリコモナス:症状と方法
原因、症状および治療
トリコモナス:症状
男性のカンジダ症:肺の治療と重度
STD:男性の症状
女性のトリコモナス - 治療と予防
トリコモナス症とは何ですか?原因
医薬品とは、「オサボン(ろうそく)」を意味します。
人気の投稿
フォローする:
美しさ
アップ