人生の黒いバンド。何をするかしないか?

この惑星には誰もいません損失、失敗、落ち込み、失望、離脱のない理想的な人生を送った。誰もがこの種のテストを少なくとも一度は彼の人生で経験しなければならない。

人生で黒い線が何をするか
もう一つの質問は、すべての人がお互いに違うということです彼らが運命の中で「黒い」瞬間を生き延びることができる方法の友人。彼らからは誰も免疫がなく、事前に準備することは時折不可能です。多くの場合、そのようなストライキは、弱い感情的背景を持ち、十分に強くない人によって揺さぶられる。フォークの知恵は、トラブルが来ていると言っても不思議ではありません - ゲートを開きます。つまり、1つの悪い出来事の後に、もう1つは彼の後に続いていくことができます。そして今、彼らは小さな男の猛攻撃に抵抗することができない巨大な雪だるまに変身しています。そのような「要素」の日常生活への到着は、通常、白い色の源である雪との類推によって「黒帯」と呼ばれています。誰もが黒いバンドが人生で何かを直接知っています。何をするか、それを戦う方法(あるいは戦わない方法)、最小の損失でこの状況から抜け出す方法は?結局のところ、それは身体的疾患と神経疾患の両方を引き起こす可能性のある最も深いうつ病に浸漬するための踏み台であることが非常に多い。

人生の黒いバンド。それをどうしたらいいですか?

ライフバンドブラック・バンド・ホワイト
だから、黒いバンドは、後の友人のシリーズです別の否定的な状況の後に、根本的に(自然に、最良ではない)その結果が、習慣的な生活様式を全体的に変化させる。それは変化が知られています - これはそれ自体がストレスです、そして、それらが否定的である時、このストレスは倍です。人生に黒い縞がある場合、人がまずやるべきことは、自己制御を失うことではありません。簡単だが、やりにくい。しかし、自分の健康を守るために、そして最も重要なのは、あなたの人生をさらに破壊するためではないことです。人生に黒いストリークがあるとき、人はうつ病と絶望の世界に完全に浸るために他に何ができますか?心理学者は、可能であれば、家族や友人、家族とできるだけ多くの時間を過ごすようアドバイスする。結局のところ、それが本当で強ければ、それはあなたの傷を横たえて舐めることができる後部です。そのような要塞がない場合は、より頻繁に自然を訪れる必要があります。スペシャリストは、彼女とのコミュニケーションが不条理な時代を乗り切る最善の方法だと満場一致で断言する。

人生の黒いバンド。何をすべきか、何をするべきでないかは、

人生に黒いストリークがあった
どんなに難しいことでも、自分自身を溺れることはできませんアルコール中の絶望、満喫食、または他のより重度の中毒。このような措置は、一時的な救済だけをもたらし、必然的に、二日酔いや冷静な肥満などの重大な結果が続く。そのような戦術は、さらに深刻なうつ病の深みと無限の黒い帯の真っ直ぐな道筋です。あなたは人生で黒いストリークがあったときに自分自身のために残念を感じるべきではありません。代わりに私は何をすべきですか?何が起こったのかを分析することで、自分自身を引き合わせることがより生産的になるでしょう。そうすることで、正直で自分自身を率直にして、状況から学び生き続けるようにしてください。この世界には永遠のものはありません。そのような人生は - 黒の帯、白の帯です。それはすべてが遅かれ早かれ終了することを覚えておく必要があります。その後、あなたの運命の地平線に夜明けが生まれます。そして、夜明けは常に新しいものの始まりです。

関連ニュース
滑走路 - 空港の動脈
死海の黒い泥
ブラックスネーク
QoSとテクノロジー機能の設定
自分自身からビーズを作る方法
夢:黒い猫は何を夢見ているのですか?
メタルストリップ - 正しいアース
ブラックカラント:果物のための秋のグルーミング
ブラック桑、または桑
人気の投稿
フォローする:
美しさ
アップ