電話による通信のルール

ビジネス会話が常に必要な場合あなたがプロを見た印象を与えてください。そして、これは会話の最初の分に行われるべきです。企業のイメージと成功は、人々のコミュニケーション能力と、潜在的な顧客やパートナーとのコミュニケーション能力にどのように依存しているかによってさまざまな形で変化します。仕事の効率化のために、従業員はコミュニケーションのルールを知っている必要があります。

コミュニケーションルール

電話によるコミュニケーションのルールは何か

まず、イントネーション。会話中に対話者があなたを見ることができないので、これは彼があなたに聞こえないという要因を排除するものではありません。したがって、親切に話してみてください。そして、これは会話を通して笑顔と気分で促進されます。電話でのビジネスコミュニケーションのルールは、あなたの感情を完全に制御することを意味します。

第二に、会話中あなたの姿勢を制御する。会話中に椅子に座ってしまった場合、あなたの評判が損なわれる可能性があります。あなたが会話中常に立っていると、スピーチは断言的で元気になり、これは主にそれがあまりにも急がれるという事実に寄与します。会話のペースに合わせる必要があります。

第三に、あなたはきちんと挨拶する必要があります。 挨拶はコミ​​ュニケーションのルールを構成する最も重要な要素の一つです。この場合、微妙な点と微妙な点があります。たとえば、「こんにちは」の代わりに、「こんにちは」と言う方が良いでしょう。この表現は発音しやすいです。はい、そして知覚のためにそれははるかに簡単です。決して「こんにちは」と「はい」の言葉で電話に出ることはできません。まず第一に、あなたは会社についての情報を提供し、次にあなたの立場についての情報を提供するべきです。

電話ビジネスルール

常に正しく提示することが必要です。 まず、それは電話をかける人です。適切な人物が配置されていない場合にのみ、名前と位置を呼ばないでください。誰かの電話番号をダイヤルした場合は、自己紹介をした後、利用可能な時間について調べます。そのときだけ、私たちは電話の目的について話すべきです。

コミュニケーションの規則はまたあなたがすべきではないことを意味します待ってください。電話を取るのに必要な最大時間は、約6回のビープ音に達します。その後は通話をやめることができます。 3回目のビープ音の後におよそ答える必要があります。これは発信者の時間を節約するでしょう。しかし、あなたは電話に急いではいけません、そうでなければ彼らはあなたが仕事で怠けていると思います。

その期間を忘れないでください通話時間は約5分です。叙情的な発言はコミュニケーションのための規則を提供しない。また、作業時間がかかり過ぎます。ビジネス会話の中で一時停止する必要はないので、長い間黙ってはいけません。彼らはただそれを愚痴にします。そして、あなたが約1分間沈黙していたら、これはあなたの評判にとって重大な欠点となるでしょう。

また、電話が必要です。事前に準備してください。興味のある情報を明確にするためだけに、不要な電話をかけないでください。すべての質問と詳細は、最初の会話の間にすぐに話し合うべきです。この問題を回避するために、質問を含む特別なリストを作成できます。提起された質問に答えることは常に価値があります。短い答えはあなたの評判を適切なレベルに維持することができず、議論中の問題にあなたの能力を示すこともないでしょう。

コミュニケーションの黄金律
そのような場合のためだけに、コミュニケーションの黄金律が発明されました。あなたが彼らに導かれるなら、責任ある従業員としてのあなたの評価は高くなります。

関連ニュース
オデッサのコード。どのようにこの街に通じる?
ワイヤレスヘッドセットはあなたの便利さです
通信のコミュニケーション側
コミュニケーションの基本機能
エチケットの種類とその簡単な特徴
電話のエチケットと彼の小さな秘密
エチケットとは
倫理的規範とその意味
男との会話の話題はなんですか?
人気の投稿
フォローする:
美しさ
アップ